目標達成しよう!!

↑↑↑

12月末、BEC3.5期のメンバー皆目標をクリアし、こうなるんです。

こんばんは!満田泰弘です。

少々、更新に日が空いてしまい、本当に気合が足りん(私です)!!

今日から気合入れていきますので、ひとつよろしくお願いいたします!

週末の渋谷の夜、ハロウィン一色、皆が仮装して街を練り歩く、異様な光景ですが、もうジャパニーズハロウィンでは普通の光景になってきたのでしょうか。渋谷のスクランブル交差点、夜の見慣れていない私には、まさにカオスの世界ですね。外国人も多すぎですよ!

昔からハロウィンはありましたが、数年前までこんなに状態ではなく…ある一部の人たちだけがコスプレに興じていました。どことなくサブイ目線が周囲から・・・でも、SNSの力でここまで大きいイベント化してしまったんです!

そのSNSとは・・・そう!インスタグラムです。その後押しが大きく、火付け役なんですよ。

今ではその経済効果、消費も「バレンタイン商戦」をあっというまに上回りました。

大阪のユニバーサルスタジオジャパン、これも今ではハロウィンイベントが一番集客します。

これだけのビックイベント化してしまったんです!(あれだけスベッていたのに)

それはそうですよね、これほど写真栄えするようなイベントなんてないですから!いまや、クリスマス商戦に追いつこうともしているイベントにまで成長を遂げてしまいそうなほどです。

異様なハロウィンの盛り上がりを見せる中、本業でもハロウィンには便乗しています。

そして月末・・・実は、月間の予算達成するか否かで、今はお客様1人でも多くのお客様獲得、1個でも多く商品を販売する、商品閉店のロスは気にするな、、、とまあ残り2日ともなれば、そのようになるのがごく自然です(勿論意図あり)。明日迄、気が休まない日々です。

そして、先日からお伝えしている「インターネットビジネスの歩き方」、いよいよ明日、23時59分で販売終了となります。最後にご紹介させてください!

いろいろとてんこ盛りです!私も仮装をして、現実逃避したいときもありますが、気を引き締めていきましょう!(いや、仮装はいいかなw)

さて、28日~30日迄、東京に行ってきました。目的は、BEC3.5期の月1回の勉強会です。

今回はBECメンバーで、会社を3社も経営、社長業にプラスして、ネットビジネスをされています、茂呂史生さんが講師をつとめてくださいました。

次の事業も既に計画されていて、事務所移転のイベントも、敏腕経営者の方です。

今回のテーマは、「月収100万円達成するために」

月収100万円と書かれていますが、これはあくまで一例、個々の目標でいいのです。

要するに、目標を達成するために何ができるか、何をすべきかというところです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「目標設定」と「達成へのプロセス」を作るのに、またその目標に妥当性があるかを判断する際の考え方を教えていただきました。これには5つのステップがあります。

◆数値化できていること

Point

・達成時期の明確化(ケツを決める)

・目標の重要度と妥当性

・プロセスが明確化されているか

◆資源の明確化

Point:目標を達成するために、使用できるすべてのことを明確化しましょう。

→人、もの、能力、お金、時間

◆障害の明確化

Point:目標達成するために、阻害されるすべてのことを明確化しましょう。

→人、もの、能力、お金、時間

◆スモールステップ化

上記に取りあげたポイントを活動に落とし込む、障害を取り除く、

これをひとつひとつやることが、目標達成への近道です。

◆目的の明確化

5W1H(誰が、いつ、どこで、何を、どのような状態に、どうするのか)

今、何ができるのか。今、何をしたいのか。何のために達成するのか。

この5つを考え、自分の道筋とゴールを明確化することを学びました。

これってどういうことだと思いますか??

・・・・

・・・・

・・・・

私はこう理解します。

「自分と向き合う」「目標と現状のGAPに向き合う」という最も重要なことなんです。

これをやらない人が多数なんです。なぜなのか・・・答えは、単純です。

「向き合いたくないから」→ 自分の嫌なところ、捨てなくてはいけない所も出てきますよ。

モチベーションが上がらなくなります。

モチベーションが下がる理由ってどこにあるのでしょうか。

・無理矢理作った目標である → 目的がない。

・目標の間違い(5つのステップを実行、絶対できない、物理的不可能)→高すぎる、低すぎる

・活動ができていない。 → スモールステップ化

いろいろ分かってきてしまうんですよね。

だから、5つのステップを実施した人は差別化でき、ライバルにも勝てるんです。

ーーーーーーーーーーー

さあ、これで目標達成への道筋ははっきりしました。

「月収100万円を達成します」であれ、自分の立てた目標には、少なからずストレッチがかかっているはずです。容易に達成できるものではないはず。

どう考えても自分のペースで走り切れる、到達する距離感ではない、であらば、

必ず来るのが、「勝負時」です。

マラソンに例えるのであらば、最初はペースメーカーが先導し、集団人数も多くいます。その中で「トップ集団」にくらいついていきます。やがてペースメーカーが外れると、ペースアップに。そしてどこでスパートが切るか、まさに勝負です。

・上り坂でスパート

・下り坂でスパート

・平地でも後続相手の見えないカーブの差し掛かったところで急激なスピードアップ

・最後まで同走し、最終400mのトラックでスプリント勝負

勝負時、得意な勝負ゾーンで勝負を仕掛けなければ、「トップ集団」から抜け出せず、脱落します。それはコースによっても変わることもあります。

大切なのは、何なのかです。師事、井上直哉さんからも当日、お話しがありました。

「勝負時にいかに勝負できるか」

「勝負時を見極める嗅覚」

「自分の勝負できるポイントはどこなのか」

なかなか行動、実践に移せないのは、実践にてたくさんの経験を積み、嗅覚を磨く、勝負時を見極める力を身につけるしかないのです。

例えば、物販であれば「これは売れる」という商品を囲い込む、縦積みするということがこれにあたります。利益100万達成するために、

a.1個5,000円の利益商品を200品目集める

b.1個5,000円の利益商品を20個、10品目集める。

どちらが、難しいでしょうか → 圧倒的に「a」です。

「b」の方がまだ楽ですが、在庫をとるリスクも当然あります。

リスクをとって、リターンの結果を求める、これが勝負なんです。

「b」には泥臭さが必要です。ときには、泥臭くたっていいんです。

明確なプロセスの中、目標を達成することに意味があります。

そこには、人の中に必ずもの「自信」が残ります。

実績で「自信」が育つ、そして自信で「人」が育つのです。

「人」が育てば、ビジネスの大きさも変わります。ステージが変わります。

自分で決めた目標を如何に達成し続けるか、最も大事なこと。

今の自分に強く言い聞かせ、明日、いや今からでも頑張りますぞ!

PS

私の公式メールマガジンの配信をスタートいたしました。

タイトルは「複業サラリーマンの挑戦」

メルマガ登録フォームはこちら

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMUgdno

よろしくお願いいたします。

PPS

先日よりご紹介させていただいております、「インタネットビジネスの歩き方」

本日23時59分で終了です。

https://www.infotop.jp/click.php?aid=349755&iid=72772&pfg=1

◆下のブログアイコンをクリックいただき、応援いただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。