今日は東京でシークレットセミナー

こんばんは!満田泰弘です。

ただいま、新幹線の車中でブログを書いています。東京日帰りです。

目の前には社内広告があり、京都の五重の塔、それを取り囲む紅葉と水面に写真をバックに、端っこにワンポイントで、「そうだ 京都、行こう。」のキャッチコピー。

(この「そうだ」があるから、なんか響きが残るんだよな~・・・言葉って不思議)

↑↑

こんなこと、BEC Online Schoolで学びを受けていなければ、あまり考えてもいないと思いますがね。コピーライティングの勉強もさせていただけるんですよね!

「そうだ」は京都だから成り立つフレーズのなのかな、じゃあ大阪だったら??

「どや 大阪、行かへんか」

・・・

・・・

・・・

もうちょっとセンスを磨くために、たくさんの言葉に触れたいと思いますww(汗)

今日は、朝からBEC3.5期の井上直哉さんのグループコンサルティング、昼から三浦孝偉さんのセミナーで東京に来ています。(正確に言うと、来ていました。)

まずは、BEC3.5期のグループコンサルティング。皆メンバー各々に、FaceBook、ブログ、メルマガを開始し、情報発信を始めました。おそらく、この3.5期でないと入っていないと今期中に開始している人なんて・・・いないですよ!私も、勿論その一人。

情報発信するためには「自分と向き合う」

そこからいろんな自分が登場してくるわけです。

■「理想、目標とする自分」

■「かっこいい自分」

■「自慢したい自分」

■「過去の栄光を語る自分」

ここまでは、いいのですがね・・・

▼「かっこわるい自分」

▼「ダサい自分」

▼「失敗した自分」

▼「過去に蓋をしたい自分」

これが出てこないんですよね。いや、出したくないですよね。誰でも。

トラウマが蘇る?、嫌な自分を思い出す?、「過去の俺は俺じゃない??」

変えられない過去を受け入れなければ、成長はないということも教えていただきました。

最も大事なのは「失敗に対する再発防止策」同じ失敗を繰り返さないことです。

ここに、読者さまの関心度は高く、必要とされているはずです。

でも、隠す・・・何のためにブログ、FaceBook、メルマガを書いているんでしょう。

何か「情報発信者は神」「情報発信者は完璧な人」という勝手なイメージを作り上げ、それに答えよう、そうでないといけない使命感でもあるようです。(⇒私自身が持っています)

読者さまが、必要な情報とはと考えた際に、

「自分にとって役に立つこと」

「自分にとって有益であること。」

「自分にとって励みになる、勇気をもらえる」

「自分の背中を押してくれる、前に1歩押し出してくれる」

このようなことなんですよね。その情報、思考をうむきっかけとなった「失敗」「過去の自分」出さなくて、何の信憑性も生まれません。

再発防止し、結果を出し、次のステージへと進む

皆、ホリエモン(堀江貴文さん)の言葉、

「過去に執着せず、未来を悲観せず、今を生きろ!」

BEC3.5期の皆、私自身がもっとも、今この言葉を胸に、残り1か月10日間、過ごしていくことを再確認したコンサルにもなりました。残り期間もとことん向き合ってやろうと思います。

今日のコンサルでは、12月にお披露目のプロジェクトに対し、まずは参加メンバー全員がメルマガを開始します。そのプロジェクト参加には絶対必須なんですよね。

その結果を求めて、個々が何をすべきか、この半期で学んだ総決算ともいえるべきものです。

まだ振り返るに早いですが、ちょっと思い返すと、今年は、1番自己投資をした1年間。

高校、大学なども自分への投資とも言えますが、親が投資してくれました。

レールを作ってくれました。この要素とは、違います。

コミュニティに入るのも、

BEC On-line Schoolで学ぶのも、やると決め、お金を払ったのも自分。

いろんな場所で、

いろんな時間帯に、

いろんな人から、

いろんな方法で

学びました。

うん、

時間もお金もかけました。

いろんな人と出会いました。

いろんな刺激も受けました。

インターネットの普及により、いろんな情報が拾えます。

影響が受けられる環境があります。

「影響を受ける」

「学んだ、勉強になった、感心した」

これだけでは、自分に価値を生んでいません。

■自分で行動に変えること、

■自分の人生、何かを変えられること、

■これを経て、答えを出すこと。

これこそが、価値を生み出すと思います。

今年は、師事を受けたい、そんな方々との出会いがあり、仲間との出会いがありました。

全ては、年末に区切りとなるもの、また自分でひと区切りにするもの、双方、あります。

これからやらなくてはならないこと、今から学んだことを自分の価値に、

結果を出しに行かなくてはなりません。

今、その一環として、とある場所に来ています。

いろんな意味で「ぶっ飛びます」

今年1年で、成長したなと認められた自分で終わりたい、そのために走ります!

1年間、悔いなく走り切ったといえるように。

本気になれよ、自分