海外仕入を終えて。

こんばんは!満田泰弘です。

無事に日本に帰ってまいりました。ハワイに名残惜しさを残しながら、仕入れた商品と、
時差ボケはしっかり持って帰ってきました。

しかしながら、日本が寒いですね・・・半袖使用から、ダウンジャケット使用に変更です。

荷物はキャリーケース3個分。大型が2個と中型が1個、手荷物が1個、

手荷物を持ち帰るのは、大変です!が・・・、試練が訪れます。

手荷物検査場の検査員の方から、その荷物の量より、

「4泊6日、おひとり様でその荷物、多すぎませんか?」

かなりドキドキさせられました。

「私物の買い物とお土産です」と言い切り、何事もなく、通過できました。

嘘ではないですから!うん、海外遠征もまたいいですね。

次回は、5月にまた海を渡ります。遅くとも7月には・・・

ハワイのセールは、5月のマザーズセール、7月の「独立記念日セール」があります。

でも、仕入にはそれぞれのやはりコツがあります。コンテンツ化しておきますよ!

さて、飛行機の中でBEC Online Schoolの音声コンテンツを聞いておりました。

移動中の音声コンテンツは非常にありがたいです!

今日の音声コンテンツのタイトルは、

「情報発信の第一歩 シェアと感想文」

続けて、

「100人の敵よりも1人のファン」

です。双方同時に聞いていました。

私のアウトプットは以下の通りです。

↓↓↓

―――――――――――――――――

一番フックしたところですが、

「ノウハウだけでは、人の心は動かせない。自分の感情、考えをしっかり伝えることだ。」

「一人の共感してくれるお客様を大事に」

「そのためには、できる限りのおもてなしをするまさにGIVEの精神。」

ノウハウだけでは心を動かせない、つかめないなぜなのか、自分で考えてみた際に、

◆ノウハウは「その人」でなくてはならない理由がないということ

◆情報発信における、ファン化活動にはつながらないこと。

◆ノウハウと読者の繋がりのみで、コアなお客様に繋がらない。

「ノウハウ提供」だけであらば、単なる自動販売機です。、

売るもの、接客(販売)方法が違うだけで、有形、無形違えど、実店舗とメルマガアフィリの求める顧客満足度、ファン化活動には差がないです。

本業ではそのブランドや人にファンを

情報発信については、自分のファンを

そのためには、

▼自分だからこそ提供できる情報やサービスは何か

▼非日常的な要素を活動で魅せ、付加価値を憧れに

その上で、共感いただいたお客様、自分を必要としてくれる方に、誠意を尽くし、

▼最初は自分が損してでも、その読者(お客様)のために、

自分が寄り添い、できる限りのことをする。

こう思っていただけるように、等身大の自分かつ、常に動き続けるリーダーであり続けます

当然ながら、情報も嗜好品。

常に必要なものではなく、好き嫌いも発生するということ。肝に銘じていきます。

アンチが発生していなければ、メッセージ性弱いこのシグナルもチェックしていきます。

ファン創造へのGIVEの精神は、コアなファンへとつながらば、かえってくるものなので、お客様に結果を、価値を提供することを優先していきます。

――――――――――――――――

情報発信を学び続けています。BEC Online Schoolの期間も残り1か月強。

この1か月間、高校球児みたいに、ガムシャラに挑戦続け、白球という成果を追い求めます。朝練、夜連、土日の2部連、とにかくトレーニングを積んだ青春時代のように。

サラリーマン以外の時間をどのように使うか、

今一度、BEC Online Schoolをなぜ購入したのか、何のために学んでいるのか。

私自身、信念を持って学んでいます。

「人は信念とともに若く、疑惑とともに老いる。

人は自信とともに若く、恐怖と共に老いる。

希望ある限り若く、失望とともに老いる」

米国の詩人、サミュエル・ウルマンの言葉です。

そこそこ年連も重ねてきて、なかなか心にしみる言葉です。

学生時代は水球というクラブで、勝利を追い求め、ガムシャラにトレーニングに励みました。

店長時代は売上、お客様を獲得に、いろいろ試行錯誤し貪欲に励み続けました。

そして、今は副業、物販に加えて情報発信を始めました。

「よし、残りの30代青春を謳歌してやろう!そのための残り1か月間だ!」

いつまでも若くいれる秘訣ですよね。今の私には、ボーっとしている時間はありません。

ビジネスを通して、人間成長を目指します。今年走り抜けた分、その距離と記録は自分を成長させてくれます。これは、過去の青春で、身をもって感じていることです。

「仕事はすべてではない」と言っても、「仕事」と「人生」は切っても切れない関係にあります。仕事を通じて、成長と進歩があり、仕事は人生と直結していると教えていただきました。

ならば、やるしかないでしょう!

これまでにない12月にしたいと。

そんな活動と葛藤、限界突破をこのブログをたくさんの方に見ていただけるように、

読者を増やすこと、ここにもGIVEの精神を持って、取り組んでいきます。

そのためには、フィクションではなく、自分のストーリーを実現します。

今やれることは、全部やる!師走も走り続けるぞ!!