「量」

私は、この方によく似ているといわれます。リアル○○モン

↓↓↓

↓↓↓

キャラクタービジネスですww

こんばんは!満田泰弘です。

皆さんはこのタイトルを見て、何をご想像されました?食べる量、飲む量、荷物の量、考える量、勉強量、さまざまですよね。今、おかれている環境により変わります。

私は「仕事量」と「勉強量」と「読者様の量」ですね・・・1人でも多くの読者様に私が如何に楽しく、皆さんに有益な情報をお届けするため、真っ先に行動する仕事と勉強の量ですね。

だって、面白くないですよね!私を知ってもらうために、私自身が常に活動を続けて、得る情報でないと…ネットや本のコピペだけはやりません。ゴーストライターも雇いません。(笑)

では、今日も気合入れていきましょう!今日は、「BEC Online School」のコンテンツで

「作業・効率の鬼で行くか? 情報発信でファン化活動で行くか?」

ファン……タレントやアイドルでいくか?裏方のADやマネージャーでいくか?

・・・

・・・

違いますが!!ちょっと共通点も。では、私がコンテンツで学んでのアウトプットはこちら

↓↓↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BEC Online Schoolが始まって、もうすぐ3か月がたちます。
FaceBookを始めて約2か月経ち、今だからこそと想い、音声を聞きました。

必要性を改めて感じた3点

①あらためて「量」の必要性

量を凌駕することは、皆ができないからこそ成果がでる。差別化できる、稼げる。

②手足を動かしてこそなんぼ

最新の情報、奮闘記の成功、失敗こそ役に立つ。読者様にとって役に立つ情報に。

③情報発信で情報のみならず「私」を好きになってもらう。

発信する情報に必要性を感じていただき、私自身も文字を通じて知っていただく。情報の必要性から、私を必要としてくれるように。情報発信=一種キャラクタービジネスであること。

自分の「量」を課す理由は、

・ライバルとの差別化

・何が必要で、何を捨てるかが分かる

・効率と成果を生む、最大の武器となる

量に無理が生じても、無駄はありません。

日頃の活動を通じ、そのリアルを役に立つ情報も発信でき、私自身を知ってもいただけます。相手にとって、自身で実行しない「本、ネットからパクリ提供する情報」は価値はなく、自身の人より多い「量」があり、そのリアルにこそ価値はあります。

作業・効率の鬼から出るリアル、だからこそ情報を必要としてくれる人が増えます。

下積み時代は誰にでもあります、今は未来にジャンプするため、しゃがんでいる時期捉え、思い切り高くジャンプできるように、まずは「量」意識した下積み活動を続けていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

むしろ、サラリーマンのリアルビジネスに置き換えて見るべきです。

お客様は、あなた自身の最新情報を、たくさんの活動からくるメリットもデメリットも知った上で、あなたとの取引を決める、だからこそ、長くお付き合いいただけます。価格での取引は、所詮価格変わらば、「さよなら」されますよ

量を達成したお話しを一つ、高校時代の「水球部」の話、ちょっとお付き合いください。

………(ブルッ)今でも思い出したくありませんww

当時、泳げなかった私がなぜ「水球部」に入ったのか。幼少期にスイミングスクールに通い、泳げる自分を想像する中、中学校時代に水泳大会で順位に打ちのめされて、単純に泳げるようになりたい、かっこよくなりたかったからです。(水泳大会優秀者かっこいい!)

そんな安易な理由、そこからの3年間……地獄の3年間でしたね(涙)
泳げない人間がサーキットスイミング(45秒サイクル、50mスイム×20本など)、殺す気かと…終わったあとは絵に描いたようにへばりました、ついていけないですから。

3年間、私は誰よりも練習を休まず、練習に身を投じました。最初から周り(推薦入学、水泳部連中)とは、明らかな差がありましたからね。合宿、トレーニング方法、かけられる負荷、今考えれば…無茶苦茶w、マジで!!!

私は3年間もがいた結果、レギュラー奪取にいたりました。そして、大事なものを得ました。「不屈の精神」と「同志」の2個もです。

泳げない人間が泳ぎ続け、結果レギュラー奪取に至ったからこそ、本当の意味での華やかな経験、負けの悔しさ、勝利の嬉しさ、なによりも一つの目標に向け、チームで頑張る心地良さを得ました。たどり着いて初めて、どうこのイズムを伝えようか、自分でどう生かそう、どうカタチにしようかと。今のサラリーマンでも十分活かせています。

ここでのお話しは…そう、「練習量」です。

「継続は力なり」とよくいいますが、ここには「量」のステージが存在します。
力得るために最初は「量」をとるために、友達との遊ぶ時間、学校帰りのドリンクバー、コンビニmtgなど(笑)は、捨てていましたね。でも、これって大事なことなんですよ。

「練習量」でレギュラー獲得、付加価値として「不屈の精神」と「大切な同志」。いまでもこんな財産を得られた3年間はやってよかったと思います。今でも、繋がる大事な「友」です。

「ワンクリックでレギュラー獲得」「ワンクリックで10万円獲得!」

世の中にこんなことありえますか?

「はい」と答えた人「正気ですか」

ワンクリックで10万円に、「稼ぐ」ことの永続性はついてきません。一時的なもので、ビジネスに向き合わないと、システムなき後、路頭に迷います。その時、付加価値「0」かも。

自分の付加価値に成果はついてきます。「付加価値」を人は必要としてくれます。

レギュラーを獲得するために「練習量」と「(自分の)武器の量」が必要ですし、10万円獲得の仕組みを構築するために、「リサーチ量」「作業量」「決断量」様々が必要で、その先に成果、そして以降の自分の付加価値にもなります。

「誘惑」で一時のまぐれの成果を狙うのか、
「量」で実力つけて確率高い成果を狙うのか、

やはり「量」が必要ですよね。そして、ビジネスである以上、確率高くお客様にご満足いただけるようにいたいものです。皆さんにも、そうでいてほしいと願います。

私は、皆さんに「量」での苦労も失敗も、成功もお伝えできればと考えています。

勿論、自分の得たいモノを先に創造しながら、リアルをお届けします。

これからも「リアルくまモン」にお付き合い、よろしくお願いいたします。

PS ブログは、今後、夜23:50分前後、なければ朝7:30前後に、お届けできるようにいたします。